社員のモチベーションを高め、生産性をアップさせる組織心理学のテクニック

スタッフのモチベーションをどのように高めるかは、会社を経営している方や、部下を持つ方なら日々模索されているかと思います。

給料をアップさせればよいのか。それとも職場の環境を改善すればよいのか。それとも、社内の人間関係を改善すべきなのか。

いろいろとアイデアが浮かびますが、ひとつのヒントを与えてくれるのが、「ホーソン効果」です。

1.ホーソン効果

「ホーソン効果」とは、「人は自らが注目されていると感じると、生産性を高める傾向があること」を説明した心理学用語です。

この「ホーソン効果」は、1924年から1932年にかけて、アメリカのウエスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われた実験の中で発見されたものです。

もともとこの実験は、「照明が労働者の生産性にどう影響を及ぼすか」を調べるために行われました。

ところが、興味深いことに、この実験で明らかになったことは、まったく別のことでした。

それは、照明が明るいか暗いかに関係なく、「生産性の実験を行う」ということをスタッフに知らせただけで、生産性がアップするということです。

つまり、スタッフが「見られている」「注目されている」と感じているとき、仕事の効率がアップすることが明らかになったわけです。

2.ディズニーの「スピリット・オブ・東京ディズニーリゾート」と「ファイブスター・カード」

さて、「ホーソン効果」の事例として挙げられるのが、ディズニーの「スピリット・オブ・東京ディズニーリゾート」と「ファイブスター・カード」という仕組みです。

これはいったいどのような仕組みなのでしょうか。

日刊工業新聞に、ディズニーのスタッフの方のお話が掲載されていますので、引用したいと思います。

キャスト同士が働きぶりをたたえ合う「スピリット・オブ・東京ディズニーリゾート」があります。配られたカードに自分がすばらしいと思うキャストの名前と コメントを書くんです。今年は 24 万枚以上が交換されたんですよ!。書かれたメッセージの内容やカードの枚数によって表彰される「スピリット・アワード」が毎年開かれるんです。私はキャス ト時代に 3 回、選ばれたことがあります!。
もうひとつ「ファイブスター・カード」という制度があります。これはマネジメント側が「素晴らしい接し方をしているな」と思ったキャストに渡すカード で、一枚もらうと特別なパーティーに参加できるんですよ。パーティーには軽食が出たり、ミッキーが出演する特別なショーが催されたり!。私は カードを持ち歩いて一日一枚 “輝いている” キャストに渡すようにしています。
(引用:日刊工業新聞「15歳で夢の国に“入社” オリエンタルランド 石川秀香(いしかわ・ひでか)さん」

どちらも、「他者から見られる」という点で共通していますね。こうした仕組みを作ることで、ディズニーはスタッフのモチベーションを高めています。

スタッフの働きぶりに注目し、それを評価することで、生産性を上げることができそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加